1. TOP
  2. 大事な人にこそ安全な介護を!老人ホームの選び方3選

大事な人にこそ安全な介護を!老人ホームの選び方3選

wheelchair-908343_960_720

高齢化社会と言われる今、みなさんの親御さんもいつかは介護が必要であったり、老人ホームへの入居も考えられると思います。

しかし一体どこに入居させたらいいのか、入居させて本当に安心なのかわからない部分があると思います。

なので今回はそんな老人ホームのあまり知られていない点について紹介したいと思います。

老人ホームの種類と選び方

将来的にこの様なサービスが必要になる可能性を考えて、入居する施設を選ぶことが重要になってきます。

介護に関してはサービスの一環として最初からサービスがセットになっている介護付き有料老人ホームもありますが、現実的にはそのような施設ばかりではありません。

施設の種類によっては健康状況によって入居していられなくなる契約で入っていることも少なくありません。

そのため将来のことをよく考えて施設を選択することが必要になっています。

しかし介護付きの老人ホームは入居費用が非常に高いという問題があるため、課題が多くなっています。

そのため施設としてサービスの提供はしていませんが、自分で手配することが許されている施設などが選択肢として選ばれることも少なくありません。

支払うことのできる範囲で必要なサービスを選択していくということが今後益々重要になっていくと考えられています。

設備から見る老人ホームの選び方

出典元:http://www.kaigohanamaru.com/img/test_gazo.jpg

老人ホームには、じつにたくさんの種類があります。

高齢と言ってもまだ元気な人にとって、老人ホームでは体育館や散歩ができる遊歩道、カラオケ設備など楽しめる要素が欲しいものです。

しかし体が衰えてくればバリアフリーは必須になり、介護が必要になれば介護付きの老人ホームや看護師が常駐している施設も選択肢に入ります。

入居するには高額な入居費用が必要なところも多く、こんなはずではなかったということになる前に、先々のことを考えて老人ホームを選ぶ必要があります。

老人ホームの選択肢には、場所、予算、本人の状態などによって変わってきます。
特に、本人の状態によっては入居できないところもあります。

例えば健康状態やどの程度の介護が必要なのか、持病による通院の必要や認知症の有無でも変わってきます。

本人の住み慣れた土地の施設にするのか、親族の家の近くの施設にするのかなども含めて、状況に応じた設備が整っている施設の選択が重要になってきます。

家族を施設に入所させたときの心の負担にならない考え方

出典元:http://www.j-class93.co.jp/common/wcimg/img127pi4000_1.jpg

近年では核家族で生活している家庭も多く、自宅で介護をするとなると世話をする家族の人数が少ないためにその人だけの負担になってしまうことも多いものです。

老人ホームなどの施設に入居させることは、介護をする人にとっては精神的にも肉体的にも開放されますが、他の人の目もあって介護を放棄したような気分になってしまう人もいるかもしれません。

しかし、介護施設では日常的な食事や入浴、排泄やリハビリなど専門知識を持った人にやってもらえますが、家族のお世話が全く無くなったわけではありません。

書類の提出や季節に合わせた洋服の入れ替えなどで訪問することも多く、差し入れを持って行ったりと面会する機会もたくさんあります。

施設選びには入居者が住み慣れた土地の施設を選択するという考えもありますが、まめに面会できたり万が一何かあった場合にはすぐに駆けつけられるようお世話をする家族の家の近くの施設を選ぶことも重要になってきます。

まとめ

普段あまり本腰を入れて調べる気になれない、暗いイメージの親御さんの介護ですが、最後の最後まで幸せでいてほしいからこそ、老人ホームについての知識は必要です。

知識を活用して、親御さんへ親孝行できるようチェックしていきましょう。

ライター紹介

knono

この人が書いた記事

  • b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m

    油は女性の味方!?美容にオススメの油5選

  • eat-321671_1280

    魚や野菜の栄養素。食事バランス大丈夫ですか?

  • mainimage

    楽しみ方たくさん!宝塚で一度は観ておきたい公演3選

  • スクリーンショット 2016-02-18 18.07.27

    食べなきゃ損する!?日本酒におすすめな珍味ランキングTOP3