1. TOP
  2. これから飼育する!?犬を飼うときに必要な基礎知識まとめ

これから飼育する!?犬を飼うときに必要な基礎知識まとめ

f7aa8aa637370c9086cc05e799514aa2_m

犬はとても可愛いです。

あなたが犬を飼うと決めた日から、家族の一員になってくれます。

でも、犬に対してまったく知識がなければ実際に飼うことは難しいですし、みんなに迷惑ですよね。

ここではそんな犬を飼いたいけど、まったく知識のない方に知っておいてほしい情報をお伝えいたします。

家族が増えるのだから、しっかりと前準備をしてから犬を迎え入れてあげてくださいね。

犬を飼う前に知っておくべきこと

24056397178f9da8429200d947860d85_m

ペットの代表格としても知られている犬は、多くの人が飼育することを憧れます。

しかしながら、犬を飼う時に先に知っておくべきことがたくさんあります。

生き物ですので、秩序ある生活をさせて、社会の一員として、また家族の一員として快適に生活できるように飼い主となる人はそれなりの覚悟と用意が必要なのです。

まずは、寝床となる小屋やゲージの用意です。

そして毛布なども適宜与えることが必要です。

さらには、移動用のゲージや排泄用のペットシーツなども必要となります。

そして食事用の容器や飲料水を入れるための容器なども必要です。

また、犬を飼うためには、予防接種を受けさせたり、登録などもしなくてはなりません。

決まりを守ることも大切です。

犬の一生は十年から十五年ほどであることが多く、人間ほどの長生きをしませんので、お別れの時がやってくることも覚悟して飼うことになります。

そして生物ですので、健康管理をしたり、しつけもすることになります。

犬を選ぶ時のコツ

966e6aa60635863badb3d38cd4733dad_m

ペットショップに行くとたくさんの仔犬がいます。

その中でインスピレーションで一目ぼれする仔がきっといることでしょう。

その仔を選ぶのもきっと縁だし良いと思いますが、その前にその犬種の特徴をしっかりと調べることが必要だと思います。

選ぶコツの一つに住宅環境があると思います。

マンション住まいなのか?それとも一戸建てに住んでいるのかでも選択肢が変わってきます。

マンション住まいで大型犬を飼うことは難しいです。

次に、家族に犬アレルギーがいるかどうかでも変わってきます。

もしアレルギーの人がいるのなら、毛が抜けないトイプードルが人気があります。

お年寄りが家族として迎えたい場合は、散歩のことも考えないといけません。

大型犬はしっかりと運動させないといけないので、お年寄りには飼育し難いでしょう。

何よりも1番の選ぶコツは、専門のブリーダーに話を聞くことだと思います。

また安易に選ばずに、できるだけ情報を収集することだと思います。

そうすることできっとよい仔と巡り合えることでしょう。

周辺環境で注意したい事

8b1375b807d3933ab10b689afe3cc67d_m

犬を飼う前に注意したい事がいくつかあります。

まず一つ目は動物病院が近くにあるかどうかです。

犬が体調が悪くなったときに、すぐに病院に連れていけるがどうかは大切なことです。

手遅れにならないように病院の場所を把握しておき、診察時間や休診日なども確認しておくようにしましょう。

そして近所迷惑にならないかどうかも考えておくようにします。

近隣とトラブルになってしまうことがないようにしなければなりません。

だからこそ飼う前にしっかりと考えておくことが大切です。

鳴き声が響かないようにできるかどうかなども考えておきましょう。

犬に寂しい思いをさせないことも必要です。

いつも仕事で家にいることが少ないとなると、犬の相手をすることが少なくなってしまいます。

あまり世話ができなかったり相手ができないのではいけません。

だから毎日犬とどれくらい接することができるのかを注意します。

出張が多かったり、家を空ける機会が多いのであれば犬を飼うのを諦めるべきです。

犬との生活に必要なグッズ

無題

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

犬は私たちの生活に欠かせない存在です。

時に楽しみを与えてくれ、時に励ましてくれる存在でもあります。

犬との暮らしを心地よく安全なものにしていくには、それなりの準備が必要です。

飼いはじめるときに必要なグッズについて考えていきましょう。

まずは食事に必要なグッズをそろえましょう。

ドッグフードのほか、それを入れる器が必要です。

また、いつも新鮮な水を飲むことができるように水入れも用意しておきましょう。

また、犬に欠かせないのが散歩、外出用品です。室内で飼っている場合、普段リードや首輪をしていないこともあるので急な外出時に困ることがあります。

この二つは必ず用意しておきましょう。

また、持ち運べるキャリーバッグなどもあると便利です。

また、トイレ用のペットシーツなども多めに揃えておくと便利です。

トイレのほかに、外出時カートや車を汚さないために使うこともできます。

こうした基本的なものをそろえて、新しい家族を迎えるようにしましょう。

まとめ

犬は身近な存在だからこそ、なんだか気軽な気持ちで飼いたいと思ってしまいますが、実際は命を預かるという責任が伴うことです。

家族が増えることになりますから、犬にも幸せになってもらえるように尽くす必要があります。

たくさんの愛情を注ぎ、大切にしてあげることで犬からも私たちは愛情をもらえるのです。

双方にとって幸せライフを送れるよう、準備万端の状態で犬を迎えてあげてくださいね。

 

ライター紹介

komachi-mirai

この人が書いた記事

  • b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m

    油は女性の味方!?美容にオススメの油5選

  • サムネ①

    【鉄道限定】マニアも唸る!JR・国鉄を徹底紹介②

  • サムネ5

    【鉄道限定】マニアも唸る!JR・国鉄を徹底紹介①

  • 957e4a754d87d5cdea9e66d2cd6d0d11_m

    【鉄道限定】初のオール2階建て!E系新幹線の特徴