1. TOP
  2. 意外と知らない!?有名スニーカーブランドの誕生秘話3選

意外と知らない!?有名スニーカーブランドの誕生秘話3選

converse-925773_1280

私たちの生活は、衣・食・住によって成り立っています。

生活における3大要素として、どれも欠かすことのできないものであることは間違いありません。

今回触れていきたいのはその中の1つ、「衣」についてです。

世界中各地域によって古くから様々な形で進化し、定着してきた「衣」の文化。

現代では、各国共通のファッションも人々に親しまれるようになりました。

国を超えて愛されているブランドも数多く存在しますよね。

ファッションに関して人それぞれ譲れないこだわりがあるでしょう。

しかし、自分の好きなブランドの発祥や由来を知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。

愛用するブランドの原点を知ればきっと、今以上に思い入れが深まり、ファッションを楽しむことができると思います。

では今回は、有名スニーカーブランドの誕生秘話をいくつかご紹介していきます。

ニューバランス(New Balance)の誕生秘話

出典元:http://seesaawiki.jp/newbalance574/

ニューバランスは、履き心地や動きやすさ、優れたデザイン性から世界各地で人気を博しているスニーカーのブランドです。

実はこのニューバランスは元々、偏平足などを治す矯正靴メーカーだったのをご存知でしょうか?

スニーカー愛用者に言わせてみれば、それもそのはずだと納得できるかもしれません。

ニューバランスと言う社名は、「履いた人に新たなバランスをもたらす」という意味合いで名付けられました。

矯正靴と言う事は、医学的な知識や理解が無ければ作ることができないわけですから、ニューバランスのスニーカーが機能性の高さや快適な履き心地を実現していることにも納得できます。

しかし、老舗人気ブランド故、販売されているモデル数がとても多く、選ぶのに迷う人も多いのではないでしょうか。

迷ったときに、選ぶ基準として覚えておきたいのはシューズに記されたアルファベットです。

これはモデルナンバーの前後についているのですが、正規品は「M」で製造はアメリカやイングランドとなっています。

比較的安価で購入できるような廉価版は「CM」と表示されており、これは中国などで大量生産されているモデルです。

また、「UK」はイングランドでの企画製造モデルで「J」は我が国日本の企画モデルとなっています。

製造元を気にする人もいるかとは思いますが、一流ブランドですのでその履きやすさはどのモデルも安定しています。

各国オリジナルのモデルなどもありますので、そういった視点からも製造元表示を参考にすると良いかもしれませんね。

コンバース(converse)の誕生秘話

出典元:http://www.locondo.jp/

コンバースは、スニーカーの中でも古い歴史を持ち、長く人々に愛されているブランドです。

実はコンバースは20世紀の初頭のアメリカで、ゴム製品を製造していた工場で誕生したのです。

そこでは、雪などで歩きにくい地面に適したラバーソールの靴をメインに開発していました。

しかし、需要が冬期に集中しており、経営が安定しなかったため、ラバーソールの靴の特性を活かして何か他に作れないかと考えていました。

そこで、人気のスポーツ「バスケットボール」に着目し、コンバースは世界で初めてバスケットボールシューズを販売したのです。

これが爆発的な人気を集めることになり、このバスケットシューズを皮切りに、コンバースは様々なデザインのスニーカーを販売するようになります。

優れたデザインと汎用性からファッションアイテムとしても普及するようになり、現在ではアメリカだけでなく、世界の様々な国で高い評価と人気を集めるブランドとなっています。

シンプル故にどんなファッションにもマッチしやすく、また価格も安価なことがコンバースのスニーカーの大きな魅力といえるでしょう。

バンズ(VANS)の誕生秘話

出典元:http://hypebeast.com/2015/6/vans-geoff-rowley-footwear-collection

人気のスニーカーブランド、バンズ(VANS)のブランド名の由来をご存知でしょうか?

バンズというブランドは、ポール・バン・ドーレンを中心に他3人の仲間が集まり1966年に設立しました。

そこから、「バンとその仲間たち」という意味で「バンズ(VANS)」というブランド名が付けられたのです。

バンズは当時、シンプルなデザインとグリップ力に優れたソールを武器に商品を展開し、スケートボードやスノーボードといったアクションスポーツのプレイヤーから人気を得ていました。

そして、1970年頃から南カリフォルニアのスケーターの間でバンズのスニーカーが話題になり、広まっていったのです。

バンズはスケーターたちの支持を集め、現在でも売れ続けるモデルを次々に登場させます。

中でも代表的なモデルがSLIPONで、バンズの一般的な知名度獲得に大きく貢献しました。

その後、創始者であるポール・バン・ドーレンが一度経営から退いたため、1984年に経営破綻し、その歴史を閉じることになってしまいました。

しかし、ポール・バン・ドーレンが再び復帰したことで経営状況は好転し、現在でも多くのスニーカーを世に出し続ける人気ブランドとして定着したのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カジュアルでおしゃれなスニーカーが、元々医療目的だったり、ゴム製品の一環だったと考えるとなんだか不思議ですよね。

ファッションや、その必要性は時代によって大きく変わり、形や性能もどんどん変わっていきます。

そんな時代背景をうまく取り入れ、各時代にマッチする商品を生み出してきたからこそ、誕生から数十年が経過しても人々に愛されるブランドとして生き続けているのだと思います。

あなたも、新しいスニーカーを購入する際には、そのブランドの起源を思い浮かべながら選んでみてください。

また違った楽しみ方に出会えるかもしれませんね。
 

ライター紹介

knono

この人が書いた記事

  • b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m

    油は女性の味方!?美容にオススメの油5選

  • eat-321671_1280

    魚や野菜の栄養素。食事バランス大丈夫ですか?

  • mainimage

    楽しみ方たくさん!宝塚で一度は観ておきたい公演3選

  • スクリーンショット 2016-02-18 18.07.27

    食べなきゃ損する!?日本酒におすすめな珍味ランキングTOP3