1. TOP
  2. 種明かします!忘年会や新年会にもってこいの簡単マジック3選

種明かします!忘年会や新年会にもってこいの簡単マジック3選

4f8b7a701c0a198b9befab85431405c8_s

忘年会や新年会のシーズン、楽しい宴会とは裏腹に会を盛り上げる余興の準備にお困りの方もいるのではないでしょうか?

ダンスや歌、漫才などいろいろ余興はありますが、年上の上司などの手前、選曲やネタに気を使わなければなりません。

そういった点でも、世代を問わず盛り上がれるのが「マジック」です。

テレビ番組などで見るプロマジシャンのマジックは、巧妙で技術を要するため、素人がやろうと思ってもなかなかできるものではありませんよね。

しかし、種を知ってしまえばこんなに簡単なマジックでも、十分見ている人を驚かせ宴会を盛り上げることができます。

今回は、そんな忘年会・新年会にぴったりの簡単で見ごたえのあるマジックをご紹介いたします。

 

上下左右に動く!?重力に逆らう5円玉

5円玉は穴が空いている硬貨ですが、この穴に紐を通すとどうなるでしょう?

当然下にストンと落ちてしまいます。

重力がある以上、当たり前の現象です。

しかし、この紐を通した5円玉が、みるみる上へ上がってきたらどうでしょうか。

ん!?と驚いてしまいますよね。

そんな自在に動く5円玉のマジックですが、種は驚くほど簡単なのです。

用意するものは、何の仕掛けもしていないごく普通の5円玉、そして「輪ゴム」です。

そうです、5円玉の穴には「紐」ではなく「輪ゴム」を通します。

輪ゴムを切って1本の紐のようにしたら、その輪ゴムの紐を5円玉に通してください。

マジックを披露する際、最初は単純に左右にスルスルと移動させて、仕掛けがないことを見せます。

そして、徐々に角度をつけていきます。

するとどうでしょう、下に降りていくだけでなく、上に上っていくではありませんか。

これは、輪ゴムの摩擦を利用したマジックです。

角度をつけても5円玉が落ちていかないのは、輪ゴムが滑り止めになっているからなのです。

しかし、なぜ上に上がっていくこともできるのでしょう?

答えは簡単、上でゴムを握っている手でひそかにゴムを伸ばしながらたぐり寄せます。

5円玉は止まったままで、5円玉ではなく輪ゴムを動かすことであたかも5円玉が動いているように見えるというわけです。

ここでも「伸びる」という普通の紐とは違う、輪ゴムの特性を生かしています。

見ている人に、たぐり寄せているのが見えないように手の動きを練習する必要がありますが、マジック中は動く5円玉に注目している人がほとんどなので、あまり神経質になる必要はありません。

特別な道具や物を買うこともなく、手軽にできて盛り上がれる「重力に逆らう5円玉マジック」

ぜひ宴会の余興の1つに入れてみてはにいかがでしょうか?

 

硬いリンゴに一瞬でストローが突き刺さる!?
 

出典元:http://morozumi.design.tohtech.ac.jp/mmt/works/moritsuke.html

ストローは、プラスチック製ですが薄く柔らかいものです。

先端が尖っているわけでもなく、誰もがリンゴに一瞬で突き刺すことなどできない思っているでしょう。

しかし、ストローをリンゴに突き刺すことは意外にも簡単にできるのです。

用意するものは、普通のストローとりんごです。

まずは見ている人に「ストローをリンゴに突き刺してみてください」とお願いします。

普通に突き刺そうとしても、硬いリンゴと柔らかいストローでは突き刺さるわけがありませんよね。

突き刺すことのできなかったそのストローとリンゴを受け取り、今度はあなたがやってみせます。

するとどうでしょう、一瞬でストローがリンゴに刺さってしまいました。

これには、ごく単純で簡単な種があるのです。

ストローは中が空洞になっており、その上下の口から空気が出入りしてしまうため、強度が出ません。

そこで、その口を塞いでしまうことで、空気の流れをなくし、強度を高めることによってリンゴにも突き刺せるようになります。

しかし、これにもコツがあり、ゆっくり突き刺そうとしてはダメです。

親指でストローの口を塞ぎ、勢いよく突き刺しましょう。

そうすることで、誰もできなかったストローをリンゴに突き刺すというマジックを見せられるのです。

特別に準備する物も練習する必要もありませんので、ぜひ余興の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

 

空き缶から中身が復活!?

潰されて捨てられた空き缶から、中のジュースが復活するなんて誰も思いませんよね?

このマジックは、披露する前にちょっと準備をしておくだけで以外にも簡単にできてしまうのです。

用意する物は、開封していない缶の炭酸飲料(なるべく炭酸の強いもの)、透明なテープ、黒テープです。

まずは、開封していない缶の炭酸飲料に小さな穴を開け、中のジュースを半分ほど抜いて、演出のため空き缶を軽く潰します。

そして、開けた小さな穴をこれ以上中身が出ないように透明のテープで塞ぎます。

缶のプルトップが開いていないのに潰れている状態の缶が完成したら、あたかもプルトップが開いているかのように見せる細工をしましょう。

プルトップの部分に、先ほど用意した黒のテープを貼りつけます。

こうすることで、遠くからだと開いているように見え、潰されて中身のない空き缶ができあがるのです。

以上の準備ができたら、いよいよお披露目しましょう。

まずは、ごみ箱から空き缶を出し、中身は入ってないことをアピールするという演出をします。

逆さにしてみてもいいですが、半分ほど残っている中のジュースが音をたてないように気を付けましょう。

あとは、オリジナルの掛け声やおまじないなどを唱えながらゆっくり、そして徐々に早く缶を振っていきます。
そうすると、みるみる缶が膨らんでいくではありませんか。

そうです、残った炭酸飲料を振ったことによって出た二酸化炭素の力で缶が膨張して中身が戻ったように見えるのです。

ここでさりげなくプルトップのテープをはがし、改めてプルトップから缶を開け中身を出せば、みんながあっと驚くマジックの成功となります。

多少準備は必要ですが、少し大掛かりで種も読まれにくいマジックのため、余興の終盤くらいのタイミングで出せばきっと盛り上がること間違いなしです。
 

まとめ

忘年会・新年会シーズンの余興で簡単にできるマジックをご紹介いたしました。

マジックは、手先の器用さや巧妙な仕掛けだけで派手に見えているのではありません。

見ている人の目線や思い込みなどを上手く誘導したりすることで、簡単な種や仕掛けのマジックでも十分派手に見せることができるのです。

宴会の余興に、マジックを披露しようと考えているあなた、無理して難しいマジックに挑戦しなくても大丈夫です。

すぐに覚えられる簡単なマジックを選んで、まるでプロマジシャンになったかのように、大袈裟にやってみてください。

そうすることであなたのマジックに引き込み、きっと見ている人を驚かすここができるでしょう。
 

ライター紹介

knono

この人が書いた記事

  • b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m

    油は女性の味方!?美容にオススメの油5選

  • eat-321671_1280

    魚や野菜の栄養素。食事バランス大丈夫ですか?

  • mainimage

    楽しみ方たくさん!宝塚で一度は観ておきたい公演3選

  • スクリーンショット 2016-02-18 18.07.27

    食べなきゃ損する!?日本酒におすすめな珍味ランキングTOP3