1. TOP
  2. 恐竜展に行ったら必ずチェックしたい 巨大な肉食恐竜ベスト3

恐竜展に行ったら必ずチェックしたい 巨大な肉食恐竜ベスト3

museum-683882_1920

男の子って、恐竜が大好きですよね。

最近では、長期休暇の時期になると各地で「恐竜展」などのイベントも多く開かれ、子どもたちに振り回されるお母さんも多いのではないでしょうか?

「私は興味ないけど、子どもたちが行きたいって言うから仕方ない・・・」

そんな風に思っているお母さん、あなたも一緒に恐竜を知って楽しんでみてはいかがですか?

私たちが今生活している場所にも、大昔は大きな大きな恐竜が生きていたなんて考えたらワクワクしてきませんか?

今回は、巨大な肉食恐竜をご紹介いたします。

 

第3位 ティラノサウルス

出典:http://www.kyouryu.info/tyrannosaurus.php

ティラノサウルスは、映画ジュラシックパークなどにも登場し、誰もが知っている最もポピュラーと言える恐竜ではないでしょうか?

今から7000万年ほど前の白亜紀後期に生息していたティラノサウルスは、全長12m、重さは10トンもある肉食恐竜です。

大きな体と発達した顎を持ち、攻撃性も高く、最強の恐竜とも言われています。

歯は、60本ほどで、大きなものは30センチもあり、大型の他の恐竜の骨を簡単に噛み砕き、200キロ以上の肉の塊を飲み込むことも可能でした。

化石の見つかった100年前には、ティラノサウルスは食事をする際、狩りをして獲物を捕まえていたと言われていました。

しかし現在、新たにティラノサウルスに関しての様々な研究が進み、実は自ら動いて獲物を捕獲するのではなく、獲物を待ち伏せをしたり、死骸を狙っていたのではないかという説も出ているようです。

また、多くの恐竜は目が側面に付いていたのに対し、ティラノサウルスの目は前方についており、立体的に物を見ることができ、嗅覚も発達していたと言われています。

獲物を見つけるのには適していたのですが、体が大きすぎたため、早く走ることには向いていなかったようです。

化石が発見されているのは北米やカナダで、その寿命は30年ほどだったと考えられています。

近年では、羽毛が生えていたのではないかとの説も浮上しており、今後も様々な研究結果に期待したいですね。

 

第2位 ギガノトサウルス

出典:http://www.kyouryu.info/giganotosaurus.php

ギガノトサウルスは約9800万年~約9600万年前・中生代白亜紀後期初頭の南アフリカに生存した大型の肉食型恐竜で、その体長は12m~14mあったと言われています。

獣脚類の一種で、アルゼンチンで化石が発見されました。

ギガノトサウルスという名前は、1993年パタゴニアのリメイバー塁層で化石を発見したアマチュア化石ハンターの名前から付けられました。

1995年にアルゼンチンの考生物学者ロドルファ・コリアとレオナルド・サルガドによりネイチャー誌で発表され、最初に発見された化石は、現在もアルゼンチンのカルメンフュネス博物館に保管されています。

保存されている脳函から、ギガノトサウルスの脳はバナナ程度の大きさであったと推測され、嗅覚がとても優れていたと言われています。

体つきはティラノサウルスより大型でしたが、比較的細長い小さな頭蓋骨だったため、顎の力はティラノサウルスの方が強かったと考えられています。

 

第1位 スピルノサウルス

出典:http://www.kyouryu.info/spinosaurus.php

スピノサウルスは、白亜紀前期から後期にかけて生存した、体長15メートルから17メートル程の世界最大の肉食恐竜です。

生息地はアフリカ大陸で、カモのような水かき状の足を持ち、頭部が細長く鋭い歯をもつことから、ワニのような姿であったとされています。

その巨大な体は、4トンから6トン程あると言われていますが、骨密度の高さから、20トンもの体重を持つものも存在したのではないかと推測されています。

スピノサウルスの特徴ともいえる、ヨットの帆を連想させる棘状の突起は、猛暑を避けるためのラジエター機能をはたし、過酷な気候に適応していたと思われます。

その形状から水中を難なく移動し、パドル上の長い尾は、移動に際して重要な役割を果たしていました。

長い鼻は水中での呼吸を楽にし、長時間水中にいることも可能だったようです。

肉食恐竜であるスピノサウルスは、魚以外に他の恐竜も捕食していたとされます。

これらのことから、スピノサウルスは陸上よりも水中で生活することが多く、進化の過程でクジラに近い体形であったことが確認されています。

 

まとめ

巨大な肉食恐竜ベスト3をご紹介いたしました。

10mを超える巨大な生物たちが、今私たちが生活している場所をノシノシと歩いていたと思うと驚きですよね。

恐竜がいたという事実は、なんだか私たちにロマンを与えてくれます。

地球上の生命が途絶えては生まれ、生まれては進化し、そして知能を持った人間も誕生した・・・

生命の連鎖というものは、とても感慨深く不思議なものですね。

あなたもぜひ、お子さんと一緒に恐竜展に行った際には、たくさんのロマンを感じてみてはいかがでしょうか?

ライター紹介

knono

この人が書いた記事

  • b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m

    油は女性の味方!?美容にオススメの油5選

  • eat-321671_1280

    魚や野菜の栄養素。食事バランス大丈夫ですか?

  • mainimage

    楽しみ方たくさん!宝塚で一度は観ておきたい公演3選

  • スクリーンショット 2016-02-18 18.07.27

    食べなきゃ損する!?日本酒におすすめな珍味ランキングTOP3