1. TOP
  2. 必見!キッチンの周りが簡単に片付く収納術9選

必見!キッチンの周りが簡単に片付く収納術9選

kitchen-728727_1280

料理をする方なら誰でも、きれいなキッチンで美味しいお料理を作りたいですよね。

毎日いろんなお料理を作るキッチンは、いろんなキッチン用品で溢れています。

用途に分けてすぐに取り出せて、使い終わったら片付けも楽チン!!

そんな風にキッチン用品が収納できたら、お料理は好きだけど片付けが苦手という方も進んでお料理に取り組めるはずです。

また、キッチンがきれいだと恋人や友人を家に招いたときにも良い印象を持ってもらえますよね。

そこで今回は、だれでも簡単に実践できるキッチンの収納術をご紹介いたします。

キッチンまわりをスッキリ片付ける術

まずはお料理しやすくするためにもキッチン周りを片付けましょう。

最近では100円ショップでもデザイン性の高い収納グッツが販売されています。

それらを使い、自分の使う頻度を考え、物を配置します。

ラップなどの頻繁に使うものは、冷蔵庫にくっつけておくことができる製品を利用し、すぐ使えるようにしておくと便利です。

ラップは、加熱や食品を密封する場合に使用しますが、調理中の使用が多く、すぐに取って使えることが重要です。

そのため、見えるところにおいておく事がポイントです。

食器をきれいに収納する術

食器などは、使う用途を考えつつ、同じようなタイプをまとめておきます。

お皿であれば100円ショップの収納商品を活用したり、ラックに立てて収納することで皿を取るときに重ねかえるということがなくなります。

食器は、多くの皿があったとしても、使用頻度の高さは決まってきます。

そのため、使用頻度の高いものを中心に収納していかなくてはなりません。

収納術を踏まえることで、キッチンもスッキリし使いやすくすることができます。

また、雑誌に載っているような素敵なインテリアを取り入れてみたりすることでも家事を楽しんで行うことができます。

かさばる鍋やフライパンの収納術

鍋やフライパンなどの調理器具を収納する際に、何も考えずに適当にしまっていくと、使いづらいだけでなく、収納スペースを汚してしまったりすることもあります。

形や大きさが様々な鍋やフライパンは2つ以上収納しようとすると、かさばってしまい、ごちゃごちゃとすることがよくありますので、工夫して収納する必要があります。

効果的な収納術としては、四つ足タイプの金網棚を使用する方法です。

この金網棚を重ねて使用することで、簡単に3段分のスペースを確保することができますので、取り出しやすく、かさばることなく収納できます。

この収納術を実践する際に注意したいのは、金網棚の一番下に収納する調理器具の収納の仕方です。

収納スペースに直置きを繰り返してしまうと調理器具が傷ついてしまいます。

そこで、キッチン用のシートを収納スペースに敷いてから、金網棚を置き調理器具を収納することをおすすめします。

お弁当グッズや保存容器をスッキリと収納する術

弁当箱や保存容器は使っていない時の保管場所をよく考える事で、より賢い収納術を身につける事が出来ます。

収納方法を的確に使いやすい場所へしまっておく事で、容器の蓋などの不要な紛失を避ける事ができ、余計な出費も減ります。

小さな弁当関連の品物は、使う方法別に分けて縦型に収納すれば場所をとりません。

例えば、食べ物を刺す、弁当用のピックや子供用の小さな飾りなどを一緒にするなど、使い方別に分けておく事で、必要な時にすぐ取り出せるようにしておきます。

保存容器は、小さなものは大きな容器の中に入れて保管する事も場所を有効に使うやり方です。

蓋を無くしてしまった保存容器も捨ててしまうのではなく、収納ケースとして使うのも良いかもしれません。

使わなくなった小さな弁当用ピックなどは、プレゼントやパーティーでのデコレーショングッズとして使うこともできます。

収納場所を少しでも減らして余分な買い物を減らす為に、賢い収納術を活用しましょう。

ごちゃごちゃしがちな調味料ビンの収納術

調味料は適当に保管していたら、使用頻度の低いものなど気づいたときには期限が切れて廃棄せざるを得ないケースが多々あります。

そのため、調味料のビンには開けた日にちを書き込んでおきましょう。

それをカゴや、プラスチックのトレーに並べて一箇所にまとめておきます。

100円ショップなどに売っている取っ手付きのケースに入れておけば、棚に収納していても調味するときに簡単に取り出せます。

また、調理台に余裕がある場合は、積み重ねできる小さめのラックに並べておくのも、使いやすく片付けやすい方法です。

きれいに見やすく保管しておくことで、料理の時短にもなりますね。

毎日使わない調理家電の収納術

調理家電によってはたまにしか出番が無かったりするものもあります。

そういったものに限り大きく場所を取りがちな物も多く、収納する際には苦労してしまいますよね。

そこで知っておきたいのが調理家電を上手にしまう収納術ですが、まず基本として箱ごとしまう事が大切です。

箱に入れて収納しておくことで、重ねて複数収納でき、きちんと整頓できます。

また、調理家電によってはアタッチメントがあったり、説明書などの付属品が付いています。

そういった付属品をバラバラにしてしまうと、どれがどの家電の付属品なのかよく分からない状態になってしまいます。

きちんと箱に入れて収納すればセットでしまっておく事ができますし、汚れ防止にもなります。

そしてキッチンシンク下の収納スペースは取出しがしやすいので割かし頻繁に利用するものを収納し、利用頻度の少ないものはすぐには取り出しにくい上の棚にしまっておくと良いでしょう。

キッチンシンク下の収納スペース活用術

食器や調理器具などをうまく収納するためにも、キッチンのシンク下のスペースを有効活用したいものです。

シンク下の収納術ではいくつかの注意が必要です。

シンク下の収納スペースは、奥行きもあり結構たくさん物が収納できます。

だからといっていろんな物を詰め込んで収納してしまうと、いざ使うときに奥に隠れて見つからないといったことがでてきます。

そこで、収納する際には透明な収納ケースか、アルミ製の仕切りなどで全体が見えるように配置をしましょう。

そうすることで使いたいものを見つけやすくできます。

また、シンク下は配水管があるために温度差や湿度などの保存環境の不安定さが問題となります。

そこで、気温や湿度などの影響を受けやすい食品や台所用品などの保管場所として使うのは極力避けたほうが良いでしょう。

シンク下はスペースも広く、物を取り出しやすい位置にある収納スペースですから、使用頻度や大きさなどを考えて収納することで大いに活用できる場所です。

包丁の安全で衛生的な収納術

包丁にはいくつか種類がありますが、家庭でよく利用されているのが錆びにくくお手入れも簡単なステンレス製包丁ですね。

ただ、全く錆びない訳ではありませんし、錆びが無いから衛生的という訳でもありません。

そこで正しい管理の仕方で衛生的に収納しておく事が大切です。

管理方法としてはまずきちんと洗い、そして水分を拭き取り乾燥させてから収納する必要があります。

洗ってすぐに包丁立てなどに収納される方も少なくありませんが、湿気があると錆びの原因になったり雑菌の繁殖に繋がりますので濡れている際には気を付けた方が良いでしょう。

また、錆びを促進させる塩分の強いものやお酢などの酸性なものに触れた際にはより一層きちんと洗う事が大切です。

包丁をきちんと管理する為には包丁立てにも気を配りましょう。

雑菌の湧きやすい包丁立ては、通気性が良く、洗い安いなど簡単にお手入れできるものを選ぶことをおすすめします。

ふきん類の衛生的な収納術

キッチンや食卓にふきんは欠かせません。

台拭き用、洗い終わった食器拭き用、テーブル用などいろんな用途に分けて使われる方も多いと思います。

かさばり衛生的な保管の妨げにならないように、ふきんの枚数は適量にし、多くなりすぎないようにしましょう。

乾きの早い薄手のものを使用するのも衛生的に保つ方法のひとつです。

ふきん類は、男性やこどもにとってはどれも同じように感じます。

しかし主婦としては用途別に使い分けたいものですし、衛生的に使用するためにも、ふきんを色分けして、色で用途がわかる工夫をしておくと良いでしょう。

まとめ

キッチンの様々な収納術をご紹介いたしました。

水周りは衛生的に保ちたいですし、きれいに使用したいものです。

そのためにも調理器具や調味料、食器を上手に収納し衛生的かつ取り出しやすい配置にしておくことで、お料理もしやすくなります。

ご家庭、一人暮らし、男性、女性に関わらず、大事な「食」の場ともなるキッチン。

様々な収納術を活用することできれいで便利に使えるよう心がけましょう。

 

ライター紹介

knono

この人が書いた記事

  • b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m

    油は女性の味方!?美容にオススメの油5選

  • eat-321671_1280

    魚や野菜の栄養素。食事バランス大丈夫ですか?

  • mainimage

    楽しみ方たくさん!宝塚で一度は観ておきたい公演3選

  • スクリーンショット 2016-02-18 18.07.27

    食べなきゃ損する!?日本酒におすすめな珍味ランキングTOP3