1. TOP
  2. 初心者必見!簡単に作れる手芸用品5選

初心者必見!簡単に作れる手芸用品5選

sewing-machine-606435_1280 (2)

 

「初心者だけど手芸をはじめてみたい」「子どものために手芸で何か作ってあげたい」

でも手芸って何をどう作ったらいいのかわからない、とお思いの方は意外と少なくないのではないでしょうか?

オリジナリティのある可愛い小物やママ友にも感心される素敵な小物を作ることができれば、あなたの女子力もきっとアップするはずです。

そこで今回は、初心者の方でも簡単に作れる小物をご紹介したいと思います。

用途は無限大 「フェルト小物」

hand-labor-625190_1280

手芸は女性はとても大好きな物です。

そこで簡単に手縫いでできるフェルト小物が人気があります。

フェルトだと布のほつれの心配がありません。

だからとても便利なのです。

そして子供でも大人でも不器用な人でも簡単な小物を作ることができます。

そこで小銭入れなど簡単にできます。

細長く切ってそれを3つに折り目を作ってそれで両脇を縫って行きます。

そしてボタン穴を作ってボタンをとめればすぐに作れます。

1時間もかからないで作ることができるので子供と楽しくできます。

そこで冬休みなどの作品などを作るのにもいいのです。

また子供がおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントを作るのにもフェルトで小物を作るといいプレゼントになります。

そこでメガネケースを作れます。

作り方はさっきの小銭入れと同じ方法でもいいので簡単に作れます。

また今はフェルトに両面テープが付いているようなシールのようなものもあります。

それで模様を作ったりするとかわいい小物ができます。

子供と一緒に楽しく手芸をするといいです。

意外と簡単&便利 「花柄バッグ」

 flowers-691611_1280

手芸をしようと決意したけど、難しくて断念した方は、始めは一番簡単なバック作りからやってみましょう。

好きな柄で花柄のバックを作るとして、布のサイズですが、作りたいバックのサイズと手で持つ部分の布2本あれば良いので、そのサイズと万が一間違っても良い様に同じ位のサイズのを2つくっつけた長さで購入して来ます。

そうしたら、作りたいサイズより少し大きめ(10cmの余裕)に切って、端から5cmの所を塗っていきます。

手縫いでもいけない事は無いですが、ミシンの方がほつれにくく頑丈に縫われるのでミシンをお勧めします。

縫い終わったら、縫った部分が裏なので裏返して表にします。

そして最後に手で持つ部分の布もパタッと折るので左右10cm大きめに切って、5cmの部分で縫って行きます。

こちらも同様で表面にひっくり返すのですが、何せ細いのでバックみたいには簡単にひっくり返せません。

この時に使うのが、ズボンとかのゴムを変えたり、ヒモを通す時に使うゴム・ヒモを通す棒です。

棒なら何でも良いですが、初心者には、この様な棒でひっくり返すと楽です。

そうしたら、バックの開いてる上部分に縫い合わせます。

自分が持ちやすい長さの所で塗って下さい。

世界に一つ私だけの「シュシュ」

fef35f1ff52938abee01133d276f920e_m

 

女性が髪を束ねるのに使用するシュシュは、自分でも簡単に作ることができます。

直接ゴムではなく、布地でゴムを巻き込むので、使用時にはソフトな感覚と印象です。

ただ布地が付いただけなのに、グッとオシャレ感を増してくれるヘアアイテムでもあります。

家庭にある布地などを用いて、手作りができます。

ハンカチやスカーフなど、もう不要という布地を使い、手芸をしていきましょう。

手縫いも手作り感を出せますが、ミシン使用は効率的です。

手作りの材料としては、髪をとめるゴムと、ハギレ等の布地です。

布地は輪にしてから、端の部分を塗っていきます。

注意点としては、中の布を一緒に塗ってしまわないことです。

輪状になったら、中にゴムを入れて、入れ口を糸で縫い合わせます。

布地とゴムのサイズを変えれば、大きさの違うタイプを仕上げることができて楽しめます。

スタンダードな作り方をマスターしたら、アレンジしていくこともできます。

レースやビーズを縫い付けたり、柄の異なる布地を縫い合わせるなど、オリジナルを作ることができます。

何度も使えるオリジナル「ブックカバー」

d607ef421a8f4b9741a549d9f00073e3_s

趣味が読書と言えば、ひと昔前は地味なイメージがありましたが、現在は読者男子、読書女子が増えてきています。

電車の中でもゲームをしている人より、静かに読書をしている人の方が知的で印象が良いものです。

電車の中で読者をすると、困ることが一つあります。

それは、買ったままの本の状態で読んでいると、向かいに座っている人や近くに立っている人に、本の題名が見えてしまって、読んでいる内容が知られてしまうことです。

それは少し恥ずかしいものです。

そこでおすすめなのがブックカバーを使用することです。

最近は様々なデザインのものが販売されています。

紙製のもの、レザー製のもの、布製のもの、色々ありますが、オリジナリティーを追求するなら、自分で作ってしまえば良いのです。

用意する材料は、好きな柄の布しおり用のひも、装飾用のレースなどのみです。

手芸なので、自分でサイズが調整可能なので、文庫本や単行本問わず作れるのが嬉しいです。

ぜひオリジナルブックカバーづくりに挑戦してみませんか。

超簡単!食卓を彩る「ランチョンマット」

79a8cc70458942ed7e9b466d4e4d7b41_s

自分用にも来客用にも何枚あっても便利なランチョンマットが、簡単な手芸で手作りできることをご存知でしょうか。

新しいテーブルや食器を購入しなくても、毎日違うランチョンマットを使えば違った気分で食事を楽しむことができます。

大きなサイズのファブリックがなくても、余り布などの小さめのサイズで作ることができるのも魅力的です。

ミシンがあればあっという間に出来上がりますが、直線縫いさえできればよいので時間はかかりますが手縫いでも仕上げることができます。

厚めのしっかりとした生地であれば、ふちをパイピング処理するだけで完成します。

薄めの生地であれば袋状にして縫い合わせ、ひっくり返すために10センチだけ残しておきます。

ひっくり返したらその10センチを手縫いで縫い合わせたら完成です。

一般的なサイズは縦25センチ、横35センチです。

応用の作り方として、いくつかの小さなファブリックを縫い合わせてパッチワークのようにしたり、レースを縫いつけても素敵なランチョンマットになります。

まとめ

初心者の方でも簡単に作ることのできる手芸用品をご紹介させていただきました。

”簡単に”とは言いましたが、どれほど手芸がお上手な方であれ、はじめてすぐの頃は失敗したり試行錯誤して上達されてきたことと思います。

思ったようにできなくても、何度もチャレンジし、まずは手芸に慣れることからはじめましょう。

簡単な小物が作れるようになれば、手芸の楽しさに直に触れられ、色んなアイテムをどんどん自分で作たくなるはずです。

そうすればきっとあなたも、世界に一つだけの可愛く素敵なオリジナルグッズをたくさん作れるようになることでしょう。

ライター紹介

nabe-nabezo

この人が書いた記事

  • 6a108f03f08de501291be8146cd998cf_s

    ママ必見!子供に作ってあげたい簡単可愛い手作り小物6選

  • kitchen-728724_1280 (1)

    手芸で簡単に作れる!オシャレで便利なキッチン雑貨3選

  • a0800_001223

    フェルトで簡単にできる!動物の可愛い手作りリング4選

  • sewing-machine-606435_1280 (2)

    初心者必見!簡単に作れる手芸用品5選